実践のためのロールプレイング開始

ロールプレイングって何をするの?

会社の社員研修で行われることも多いロールプレイング。
初めての人は、一体何をするのだろうかと思う方も多いのではないでしょうか。
ロールプレイングとは、簡単に言えば会社のスタッフ役と客役に分かれて、売りトークや営業トークなどの練習を行うことです。
例えばリフォームの営業の練習の場合、営業役の人が、「こんにちは、お父さん!」と客役に声をかけることから始め、客役はそれに対して「ああ、こんにちは。何の用かな?」などと会話をしていきます。
初めのうちはマニュアルに近いやり取りで練習し、慣れてきたら客側が「嫌な客」や「特殊なシーン」などパターンを変えて言葉を返します。
そうすることで、いろいろな場面において言葉の返し方の予行演習ができるのです。

ロールプレイングの成果を感じるとき

ロールプレイングの研修をしっかり行っていれば、客前でも自信を持って対応することができます。
いろいろなパターンでの練習をしておけば尚良しですね。
お客さんにもさまざまなタイプの人がいますが、落ち着いて対応することで相手との人間関係が作りやすくなります。ロールプレイングはコミュニケーション能力を高めることにもつながるでしょう。
この練習のおかげで、苦手なタイプの客から見事に契約が取れたり、買う気がなかった人に購買意欲を掻き立てたりと、現場で大いに成果を実感できるはずです。
会社によっては毎朝ロールプレイングを行ってから仕事を始める所も見られます。日々の積み重ねが、まさに実践につながる重要な研修といえるでしょう。